看護師転職サイトに登録する方法から、入職までにはいくつかの段階を踏まなければなりません。

いざ、転職を考えたときにどのような流れで登録したり入職までの流れが分かりにくいという話をよく聞くことがあります。

そういう方の為にも、現役の看護師という立場で転職を繰り返していた立場からサイトを立ち上げました。参考にして頂ければと思います。

看護師転職サイトに登録する方法と流れ

まず、転職を考えたときに転職サイトを利用するかどうかを考えます。そこで、転職サイトを利用すると決めたら、まずサイトの登録フォームに氏名から連絡先までの必要事項をすべて入力をしていきます。

あまり多くの求人サイトに登録をしてしまうと絞りきることが難しかったりするので、3つ程のサイトに登録を絞ってみるといいと思います。登録サイトが少ない方が非公開求人の情報を多く収集することができるので希望や理想の求人を見つけやすくなります。

どんな転職サイトで見つける?登録から入職までの段階は?

看護師の転職方法は、まず看護師専門求人サイトから選択されるのが簡単に登録しやすいと思います。

准看護師や正看護師に特化している求人サービスがかなりの求人数あります。自分の希望条件やライフワークに合った求人サイトに登録をしましょう。

特に、希望条件などがない人は、ハローワークやナースバンクなどでの登録も選択肢の1つに入れてもいいと思います。

看護師は市場ではどのような感じ?

現在、どこの病院も施設も看護師不足に頭を悩ませているのが現状だと思います。求人情報や求人サイトなどを見ても看護師の募集は非常に多いですし、給与面でも優遇されているのを目にすることが多いと思います。

バブルが弾けてから、日本は不況時代に突入し、現在も不況の煽りで倒産される会社が多い中、看護師の求人は軒並み増えています。その背景に人手不足が原因にあり、転職を考えても無職の期間も非常に短く、直ぐに就職先を探すことができます。

結婚や出産を期に離職される方も非常に多く、免許証だけ保持している潜在看護師が多く存在しているの事実です。

理想の条件を見つけるには?

自分で理想の条件を見つけるのは、難しいと思うかもしれませんが、好条件の求人は以外に非公開求人で募集されているものが多く、看護師専門サイトに登録をしないと好条件の仕事が見つかりにくい現状があります。

市立病院や、国立病院、私立病院など大手の大学病院やクリニックなど夜勤のない病院だったり、給与や待遇面での好条件の求人が多く掲載されています。

看護師求人サイトの登録から就職まで

パソコンやスマートフォンからインターネットに接続をして、看護師求人サイトに登録をします。ほとんどの登録サイトが無料で登録ができます。無料でサイト登録が完了したら、担当者から連絡が入ります。

連絡が入ったら、初めてヒアリングが行われます。そのときに、ご自身の希望条件や気になることなどを相談するようになります。

どの転職サイトも同じ流れは基本的に変わりません。

登録サイトの画面になったら、氏名や住所、希望勤務地などを入力していきます。保有資格や入職希望時期など細かく入力をしてはいきますが、時間はあまりかかりません。該当のところにレ点チェックを入れていくようになります。

登録完了後に、担当者から連絡があります。この時に、連絡方法をメールまたは電話でするかなど登録時にチェックが入れられた通りに行われます。就職活動中の方もいらっしゃれば、現在働かれている人もいるので支障がないようにコンタクトを取るようになります。再就職を早くしたい人もいれば、まだ検討中の人とかもいると思います。その人に合ったアドバイスなども含めてコンサルタントの人から連絡が貰えます。

ある程度の連絡のやり取りを何度か進めていけば、コンサルタントに自分の希望条件をすべて伝えたら、その条件にマッチした求人を紹介して貰えます。公開求人もあれば非公開求人もあります。給与面や夜勤、日勤のみ、残業、病院の雰囲気、人間関係、代休や休みなどが取りやすいかなども含めて、コンサルタントが独自で取材など進めて情報を得ている場合もありますので、色々不安になることなどはしっかりと聞いておくことをオススメします。

コンサルタントの役割としては、自分の代理人となって入職や入職後のフォローまでをしっかりと行ってくれます。せっかく再就職をしての直ぐにやめてしまってはもったいないので、不安や質問があれば、遠慮することなく聞いておくと不安材料を取り除くことができます。

転職が決まったあとは、登録したサイトはどうなるの?

就職などが決まったり、見送ったりした時には担当のコンサルタントに連絡をして大会手続きをしてもらいます。多くの求人サイトには退会フォームがない場合もありますので、担当コンサルタントに直接連絡をして、退会の旨を伝えるようにしましょう。

退会理由を明確にすることが大切です。

  • 就職先が決まった
  • コンサルタントと波長が会わず希望の求人が見つからなかった
  • 他のサイトで就職先が決まった
  • 友人や知人の紹介やハローワークなどで就職先が見つかった
  • 転職を見送りたい

など、退会には色々な理由があると思います。退会はいけないことではないので、正直に退会理由をコンサルタントに話すといいと思います。コンサルタントの方々も実際に利用されている方からの声をもとに、これからも業務向上に繋げていきますので、正直なところを知りたいと感じていらっしゃいます。

登録を辞めたからといって、文句を言うコンサルタントは居ません。安心して大丈夫です。コンサルタントも色々と断られたりしているので、そこらへんの気遣いは要らないと思います。

このように登録から退会までの流れがイメージできたと思います。まずは、いい条件に出会うためにも自分の希望などをしっかりとコンサルタントに伝えることが大切です。遠慮をしていては、いい求人を見つけることが難しくなったりすることも考えられます。あまり難しく考えずに、自分の思う求人や条件などをはっきりと伝えることから始めましょう。

ブランクのある人には就職前に講習などの情報も提供して貰える場合がありますので、不安なく復帰することもできます。そういう人にとってもコンサルタントは強い味方になります。好条件の求人を見つけるためには、自分の考えなどをはっきりと伝えましょう。

看護師転職サイトのメリット・デメリットについて

看護師サイトも求人サイトも含めて、メリットもあればデメリットもあります。

再就職を考えたときに、一度は転職サイトを利用しての就床活動をされたという経験のある人も多いと思います。

求人サイトも大手の求人サイトから、特化型の求人サイトまで多種多様ではあります。色々な求人サイトが網羅されている中でどの求人サイトにも良い点や悪い点はあると思います。これらのメリットやデメリットを参考にして給食活動に役立ててもらえたらと思います。

看護師転職サイトのメリット

まずは、求人サイトを利用しての活動にメリットはどのようなことがあるかを見ていきたいと思います。

  • 無料で求人サイトを利用することができる
  • 応募企業のコンサルタントと直接やりとりや交渉を行うことができる
  • 様々なコンテンツを掲載されている求人サイトは、どのような会社なのかをイメージしやすくなる(動画、画像などから)
  • 求人サイトによっては、無料か委員登録だけをしておくだけで、担当者からのスカウト情報を入手することができる
  • 自分の希望に応じた条件を検索することができたり、一度に多くの会社を検索することができる
  • 求人サイトの広告の質や広告料などによって、選考ハードルが低めに設定されているところは求職活動をしやすくなる

基本的に、転職サイトでは入職日などの調整や交渉などもコンサルタント側が行ってくれることが多いのですが、求人サイトになってくると場合によっては、すべてを自分で行わなければいけない場合がある。担当コンサルタントと直接交渉ができるのは、自分の希望条件など話をしやすいメリットがあるため、魅力的なサービスと言えます。

メール機能が設置されているところでは、「自分という人物」を最大限にアピールすることができます。希望の病院が見つかったときに応募したいを感じれば、すぐに応募することができるので、場合によっては直接採用担当者に履歴書などを送ることができる場合があります。直接応募ができる場合には、採用担当者との直接交渉も行うことができるので、言葉のニュアンス間違いを防ぐことができたりもします。

また、在職中の看護師にとっては忙しい勤務の中で自分の就職活動を担当コンサルタントに委ねることができるということは、自分の労力なども減らすことができて非常に魅力的な理想的な活動を行うことができます。

看護師転職サイトのデメリット

自分の希望が以の病院やクリニックなどを紹介される

有資格の内容にもよりますが、自分の希望以外の病院を紹介される場合があります。中には病院側が求めるハードルが非常に高く自分の希望とはかけ離れたところしか紹介してくれない場合や、外来希望なのに病棟勤務の病院を紹介されたりすることがあります。

これらの背景には、自社サイトに求人などを依頼している病院側から多額の紹介料を手数料として受けとることができるからです。そのために、希望の病院以外を勧める働きをする場合があります。

入職希望先が転職サイト以外で求人をかけている場合にはハードルが高い場合がある

転職サイトからの求人紹介で入職になると多額の紹介料を病院側は負担をしなければ行けません。逆に言うと、直接応募をして来た人を優先的に採用する傾向にあります。

これは病院側の経費削減が目的です。採用された看護師の25%の金額を紹介料として払うのと0とでは、どちらを優先にするかは一目瞭然だと思います。そのために、転職サイト以外での求人も掛けている病院では、直接採用を優先とするためにハードルが一気に上がってしまう傾向があります。

転職サイトを利用しての就職と看護協会や病院のホームページからの直接応募や職業安定所などからの就職活動では、病院側の負担額に大きな開きがあります。多額の紹介料が必要となるからです。

採用がわからすれば、この時代ですか少しでもコスト削減を考えているところも非常に多いです。同じスキルや経験を持っている応募者であれば、高額な紹介料の負担が必要な転職サイトを利用しての採用より直接応募してくれた採用を優先してしまいます。

電話やメールでのコンタクトが非常に多い

転職サイトも自分の会社に利益を欲しいと考えているので、就職先をたくさん紹介してくれたり、電話やメールなどを頻繁にしてくる場合があります。就職先が決まってお断りをしても、その後の連絡で「どうでしたか?」などとしつこく掛けてくる場合があります。

看護師転職サイトは多くの看護師を紹介することにより利益を得ていますので、自分の会社の利益や売り上げを少しでも伸ばしたいと思って、頻繁に連絡をしてくるところは非常に多いです。

実際に、私も過去にいくつかの転職サイトに登録したことがありましたが、「もう少し検討の時間が欲しい」と伝えても頻繁に連絡がきていました。あまりにもしつこいと思ったので、着信拒否にしたりもしましたが、番号がいくつかあって違う番号からかけて来たりもありましたので、結果的には知らない番号には出ないという方法を取っていたら、自然に鳴りやみました。

採用側の見方が異なる

転職サイトを利用しての採用であれば、上記でも記述しているように多額の紹介料を病院側が負担しなければいけなかったりします。なので、何らかの事情で退職をするとなったときに病院側から「多額のお金を払ったのに」などと心ない言葉を言われる場合があります。しかし、退職なども本人の自由です。そういうことを口に出していうところは、どうかとは思いますが採用にそれだけのお金が掛かっているということ知っておくだけでも気分的には違います。

まとめ

看護師転職サイトを利用してもメリットもデメリットもイメージはできたと思います。これらのように、どの転職サイトにも共通して言えることはあると思います。自分の人生を左右する大事な決断に生かして貰えると嬉しいです。

自分の就職活動を委ねることができるのは非常にいいことだと思います。特に在職中の人には時間の配分を上手に利用できるメリットが大きいので、これらのことを踏まえて新しい一歩を踏み出して貰えたらと思います。イメージは非常に大切です。

更新日:

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2018 All Rights Reserved.