失敗しない看護師転職のコツ

病院看護師が美容看護師に転職!美容看護師になるには?

更新日:

病院看護師が美容看護師に転職!美容看護師になるには?

看護師の転職におすすめの美容看護師の仕事内容と病院看護師が美容看護師に転職した場合のメリットなどを紹介します。

美容看護師ってなに?

美容看護師とは、美容皮膚科でのお仕事をされている看護師のことを指します。普通の皮膚科とは違い、とてもデリケートな部門になりますので、プライバシーの配慮など事細かい配慮も必要とされています。

何らかの原因で顔に傷ができたり、通院される患者様の理由はさまざまですが綺麗になりたいと思って通われてる方もいらっしゃるので、プライバシーについては細かい配慮は必須になります。

美容看護師の仕事内容

美容看護師に転職されるときには、いくつかの注意事項が必要にはなってきます。

営業が苦手な人には、あまり向いてはいないかもしれません。通常の看護師業務と違い接客のスキルを求められることがあります。逆に、病棟など通常の看護師業務に対してのスキルは下がる可能性があります。病棟などのように入院施設があるわけではないので、夜勤がないメリットはありますが、スキルを求める方には不向きかもしれません。

仕事内容としては、まず必須となってくるのが接客スキルです。色々な美容に悩みを持たれた方が来客されるので、また「受けたい」と思ってもらえるような接客が必要となります。リピーターは必ず必要となってくるので細かい配慮であったり、接客スキルも通常よりも丁寧にしなければ行けません。美しくなってもらう為の処置を進めたりする営業スキルも必要な仕事をしなければいけないのです。

本来の看護師としてのスキルを求められることはあまりありませんが、脱毛や美容についての今までの経験ではしたことのない処置など施術介助が必要となるために入社後に研修などが行われます。一番業務の中で重要視されるのがコミュニケーション能力です。色々なお客様が来院されるため、要望も十人十色です。来客の方が何を求められているのかを瞬時に判断する判断能力はもちろんのこと、コミュニケーションが取れないことにはどうしようもありません。

お客様が来客されたら、まず問診を受けます。この時に看護師がカウンセリングを行っていくので、ここでどのような悩みなどがあって着地点はどこなのかを細かくヒアリングします。

レーザ治療や脱毛など、1回の施術で終了する場合もありますが基本的には何度も通う必要があるので、ヒアリングなどがしっかりと出来ていなければ、クレームになったり最悪の場合には訴訟問題にも発展する場合があるので、満足して頂ける対応が求められます。

そのためにコミュニケーション能力が低いと仕事にをスムーズに行うことができないので重要視される項目です。待ち合いの時間などにも世間話なども重要な仕事の1つです。どの仕事に置いてもコミュニケーションが大切となってきます。

美容看護師の給与はどれくらい?!

美容看護師の給料は、大手か個人かによっても異なりますが、基本的には夜勤がありません。

しかし、他の病院よりも給与が高かったり増す。営業も必要になることから、インセンティブも給与反映される場合があります。何か1つ契約を取る毎にインセンティブは発生するので、基本給とは別に上乗せで貰えるようになります。

通常の看護師業務であれば、時給換算すれば1000円から1200円が一般的だと思いますが、美容看護師の場合は、1500円から1800円、2000円と通常よりも高い時給となります。

夜勤なしのインセンティブを含めれば30万円から40万円程見込むことができます。営業スキルなども高く、売り上げもトップクラスになると高額を支給される場合があります。

美容看護師の必要な資格は?!

まず、美容看護師に求められる条件というのが存在します。

  • 年齢が若くて、綺麗な人。容姿端麗な人
  • 美容に興味や関心がある人
  • コミュニケーション能力の高い人
  • 基本的な看護師業務が確実にできる人
  • 採血や点滴、注射などができる人
  • 手術室勤務の経験のある人
  • 美容施術のスキルや知識
  • 営業販売のスキル

美容整形や美容皮膚科などに勤務するためには、「民間資格」を取得しておくと有利な場合があります。例えば、エステティシャン、アロマセラピスト、リフレクソロジー、ネイリスト、サプリメントなどのアドバイザーなど国家資格ではありませんが、民間資格を1つでもあればアピールポイントにもなりますし、就職にも有利となります。

病院看護師が美容看護師に転職したメリットは?!

病棟看護師とは、仕事内容も異なります。美容看護師は一般的な皮膚科とも少し違います。また、美容にも詳しくなり同時に民間資格を取得できるメリットがあります。

面接時に有資格者は優遇されますが、入社後にエスティシャンやネイリスト、アロマセラピストなどの資格を取得することができます。病棟などで看護師本来の基本的な知識や技術はできているので、より多くの特別なことを学ぶことができ、美容にも詳しくなってきます。

まとめ

本来、病院に来られる方は「患者様」としての対応でいいかもしれませんが、美容となると「お客様」としての対応を求められます。

コミュニケーション能力の高さや細かい配慮は必須となります。また来院して頂けるように満足をしてお帰りいただくという姿勢が大切となります。

他の病院やクリニックなどと違い、販売スキルも必要となります。勤務先によってノルマがあるところとないところがあります。ノルマがあるところでは、インセンティブ収入が在りますので、給料も高額を求めることができます。夜勤がない代わりに商品販売など通常の病院勤務とは異なります。土日なども出勤という特別な勤務体型となります。

美容に少しでも興味のある方は、一度美容クリニックなどを視野に入れられると知識の幅が広がります。通常の勤務では学べないスキルなども学ぶことができます。民間資格も取得するきっかけになったり、視野も広がると思います。

給与も他のクリニックや病院よりも高いためにやりがいはあると思います。作業の繰り返しだったりするかもしれませんが、視点を変えればモチベーションも保てるはずです。

このように美容系クリニックでは、メリットもデメリットもあります。転職活動の参考にしていただければと思います。

-失敗しない看護師転職のコツ

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2019 All Rights Reserved.