失敗しない看護師転職のコツ

看護師の休みが少ない!休みが多い病院の見つけ方

投稿日:

看護師の休みが少ない!休みが多い病院の見つけ方

看護師が転職を考えた時に職場を検討するポイントとしては、年間の休日や急か制度などを検討するポイントとして挙げられます。

救急、大学病院、クリニック、介護施設、個人病院などによって休日は異なりますが、年間休日を計算すると個人差はあります。

看護師の年間休日は平均どのくらい?

看護協会の統計では、看護師の年間休日は平均して115日前後となっています。

1番多いのは、年間休日が120日から130日前後が40%を越えているのに対して、100日未満のところも8%近くに上ります。勤務先によって異なりますが、完全週休2日制の病院も70%程度あるという結果になっています。

一般の企業と異なり、看護師の休日は週休二日制は定着が難しい状況になっています。普段でも看護師の業務はストレスが溜まったりします。不規則な勤務のために身体のリズム作りも難しかったり、業務に慣れるまで時間がかかったりもします。

最近では、看護師もメンタル面での原因により長期休養を余儀なくされる場合もあります。長期休暇を余儀なくされて休む看護師は全体の1%程度となり、人間関係や労働環境が問題でこのような結果になっています。

普段から、看護師の勤務は激務であると言われています。過労死なども問題にはなっていますが正直、病院や勤務先によって大きな差があるのも事実です。

クリニック系の病院であれば、週の半ばでお休みのところもあります。その代わりに土曜日は午前中のみ診療するところもあり年間休日を調整されていることがあります。

入院施設がない診療所やクリニック、個人病院の場合は休日がとりやすい

入院施設がない診療所やクリニック、個人病院の場合は、経営者の方針によっては休日をとりやすい特徴があります。木曜日や土曜日の午後、日曜日、祝日などの休日を固定されていることが多いのでしっかりと休みを取れる傾向にあります。

入院病棟がある施設の場合は、病棟は24時間365日誰かは入院をされています。

看護師の休日もシフトでお休みをとるようになりますが、2交代制か3交代制によって休日は異なります。土日祝日も必ず休日になるか限らないのは病棟の特徴です。

3交代制は、日勤→夜勤→夜勤明け当日の準夜→休日が多いと思います。

2交代制は、日勤→夜勤→休日というように勤務時間が長い分休みが多いのが特徴です。

どんな勤務によってもメリットやデメリットなどがあります。しっかりと休日などを取れるかどうかを判断して勤務形態を選ぶようにしましょう。

看護師の年間休日が取得できる日数は?

年間の休日日数というのは、病院によって差はあります。平均すると95日から120日前後ですが、中には125日以上休日があるところもあります。

4週6休制、4週8休制、4週10休制、隔週での週休2日制、完全週休2日制があります。

年間で取得可能な休日としては、次のような休暇があげられます。

  • 有給休暇
  • 産前産後休暇
  • 慶弔休暇
  • 育児休暇
  • 介護休暇
  • 夏期休暇
  • 誕生日休暇(あるところないところがあります)
  • 年末年始休暇

などがあります。多くの休みは普通の会社と同じ感じです。年間の休みをまとめておけるのも40日までと定められています。

病院によって、休暇が取りやすいところや取りにくいところなど色々あります。
看護師が休日をどのように過ごしているのかというと、旅行に行ったり家でのんびりしたり、自分磨きをしたり習い事をしたりと色々です。

就職してすぐの新人の頃は覚えることが多いので休日に復習したり勉強したりすることが多かったりもします。休日には、リフレッシュすることも大切なので自分なりの休日を楽しむことをお勧めします。

休日の多い職場で仕事をするためには?

通常、看護師の仕事はとてもハードで人間関係や仕事などでストレスが非常にたまりやすい環境にあります。残業や休日出勤など思うように休日が取れないと悩むことは多いのが現状だと思います。

現在の看護師の人材不足が取りざたされています。病院側の待遇改善など休みを取れるような環境作りを少しずつですが各病院も努力を始めているところが増えつつあります。

自分の実力や自己アピールをしっかりとすることで休日がしっかり取れるような条件のよいところに就職できるかも知れません。

転職を有利にするためにしっかりと自己アピールもしておくといいと思います。

なかなか休日の状態を見ることが難しい場合もありますがコンサルタントと密にコンタクトを取ることによって生の声も聞くことができると思います。

自分のライフスタイルに合った勤務形態の仕事を探し、コンサルタントと何でも相談できる環境と整えることによって理想の職場を探すことができます。自分のアピールをしっかりとしながら実力も伴っていれば転職も有利になることがあります。

ここまで見てもらったように、病院によってもこれだけの差があります。自分が望んでいる勤務形態はどうなのかをしっかりと見つめ直してしっかりと判断をしていきましょう。

-失敗しない看護師転職のコツ

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2019 All Rights Reserved.