失敗しない看護師転職のコツ

子育てを理由に看護師が転職するポイント

投稿日:

子育てを理由に看護師が転職するポイント

看護師が転職を考えるときには、いくつも理由があります。

どの看護師も一度就職をしたら、できるだけ同じ病院や同じところで長く勤めたいと考えて入職されると思います。しかし、人の人生にはいくつものターニングポイントを迎えるときがあります。その時に場合よっては転職を考えなければならないときがあります。

その1つに子育てがあげられると思います。人は「結婚」という大きな決断を下すときが来ます。「結婚」は、環境も変わるし生活パターンも変わるので、今までのようにはいかないときもあります。

子供が産まれると「風邪を引いた」「熱が出た」「怪我をした」「入院をした」など色々と問題も出てきます。その度に早退をしなければいけなくなったり、急にお休みをしなければいけなくなったりとすることも増えてきます。

子育てをしながらでも看護師で働くには?

子育て中は、残業をしたり夜勤をしたりと融通がききにくい場合もあります。

今まで正社員で仕事をしていた人も場合よってはパートへ勤務体型を変更される人もいます。パートになると夜勤が免除されたり日勤だけで定時であがることができたりするメリットがあります。

子育てをしながら無理なく仕事を続けるには勤務体型の変更・夜勤や残業はなし

独身の頃は夜勤や残業も何の問題もなくこなしていたと思います。しかし子育てが加わると今まで通りにはならないと思います。

子供の保育園や幼稚園のお迎え、家族の夕食や朝食などの食事の支度や子供の行事など多くの事が増えてきます。

同じ子育て中のママさんが居る職場であれば、お互いに理解もしやすかったり事情も理解してくれたりしますので、シフトの相談や譲り合いなどもしてくれる事があります。

例えば、時間通りに退社できるように周囲も協力してくれたりします。できるだけ残業にならないように環境も作りやすくしている職場であれば子育て中の看護師さんも働きやすいです。

夜勤や救急のある病院でも「日勤のみOK」という職場もあります。クリニックや診療型の施設などでも子育て中の看護師さんはたくさん活躍されています。

子育てとなると、子供の行事などもありますよね。参観日や運動会など、土日での行事が増えてきます。

子育てが始まると子供の成長も親の楽しみの1つとなります。できる限り子供の行事には参加したいという思いを持たれるお母さんは多いと思いますし、平日仕事をしている分、土日は子供と過ごしたいと考えられている人も多いです。

外来だけのクリニックや日勤だけのパートなどで仕事をするようになると土日の休みであったり、子供の行事参加はしやすくなります。

子供が出来たらパートなど雇用形態を考える

転職を考えるときには、規模の小さいクリニック系の病院や日勤だけの病院、パートなど雇用形態を考えられるといいと思います。子供が小さい時にはパートである程度、子供が大きくなれば正社員として働くことも可能です。

転職を考えるときには、しっかりと病院側と話し合いをすることをお勧めします。

子育てがあっても融通がきくかどうかということや子供の行事に参加できるかどうかも含めて、面接時に話をしておくことは必要だと思います。

せっかく転職をしても、最初と話が違うということになると、せっかく再就職をしても再度就職先を考えなければいけなくなるという事も考えられます。

私も子育てを経験した看護師でした。私は、未婚で子供を出産して、生後2ヶ月から仕事を始めました。

最初は、授乳時間ももらいながら仕事をこなしていましたが、子供が入院をしたときに休みがもらえず当直をしました。最初は、人数も少ないし急な入院では難しいと思い、母にお願いをしたりしてはいましたが、同じ学年を持つ子供さんのお母さんは、何かと理由をつけて土日や祝日の勤務を外していました。

何らかの理由でそういう勤務体型かと思っていましたが、実はそのお母さんの我が儘だと分かったときには、転職を考えるようになりました。このような苦い経験をしたことがあります。

その後、転職をして新しい勤務先では育児ルームという保育所が院内に併設されているところでしたので、周りにもすごく協力してもらって子供が小学校に上がるまでは夜勤などの回数を減らしてもらったり、子供の行事には参加させてもらえるようになりました。

職場の環境はとても大切ですし、周囲がどれだけ協力体制であるかということはすごく重要視されています。周囲の協力があれば、子育てと両立をすることは可能です。

院内に保育所などがあるかどうかも転職理由に

転職先を考えるときに、院内に保育所などがあるかどうかも判断材料になります。保育所がないとしても、子供の病気などにも対応が可能かどうも長く勤めていく上で重要な項目になります。

子育てをしながら、仕事を続けられている人は多くいますし、皆さんそれぞれ活躍はされています。

子育て中の看護師が転職を考えるときには、ライフタイルが変わったときや大きな決断をしなければいけないときが多いです。

子育てをしながらでも両立をする方法はたくさんあります。まずは、病院選びを慎重にされることをお勧めするのと面接時に細かなところまで話し合いをされることが重要になります。

これらのことを是非参考にして頂けたらと思います。

-失敗しない看護師転職のコツ

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2019 All Rights Reserved.