失敗しない看護師転職のコツ

看護師の平均転職回数や一番多い転職理由

更新日:

看護師の平均転職回数や一番多い転職理由

看護師が転職を考えるタイミングって色々あると思います。人生の転機を迎えるときに転職されることがあると思います。

皆さんは、どのような時に人生の決断を下しますか?

看護師の平均転職回数

最初に就職をしてから20代で平均3回ほどの転職をされている人は多いと思います。転職回数が多いと再就職に不利になると思われてる人も多いかとは思いますが、理由にも異なります。

例えば、旦那様の転勤などに伴っての転職であれば仕方ないですし、結婚や出産を期にその後の勤務体系などに両立が難しい場合などは辞めざる追えなかったりする場合もあります。どのような理由で前職を辞めたかにも由るかとは思います。

厚生労働省の看護師の就業状況調査などによると次のような結果になっています。

看護師の平均転職回数
回数 パーセント
1回 24%
2回 14.1%
3回 7.9%
4回 3.7%
5回 3.4%

という結果になっています。ここからわかるように平均回数は2回程度が多いですね。

転職理由に一番多いのはどんな理由?

看護師の求人は余るほど多くの求人があります。言い換えれば、「看護師の転職は常識」とまで言われています。特に、今の給料やスキルなどの取得に不満があったり、レベルアップをしたい人は転職をされるのが最善の道だと思います。

転職回数が多いと、再就職に不利だと思われている人も多いと思います。不安を抱かれている人もいるとは思いますが、年代によって転職の理由も違いますし、転職するにしても意味合いも異なってくるんです。

イメージとして50才代での2回目の転職であれば、以前の勤務年数も15年以上勤められていることになります。そうなると、雇用する側からは信用性が高いと判断される場合があります。20代で2回目の転職とそうでない人では、印象も異なります。

転職には、前述でも記述しているように転勤が伴ったり、人間関係であったり、結婚や出産など理由はさまざまです。

ナース専科の評判や口コミ!特徴やおすすめポイントを紹介
ナース専科の評判や口コミ!特徴やおすすめポイントを紹介

ナース専科は多くの分野を経営している大手のサイトとなります。 SMS(エス・エム・エス)が運営しており、看護師コミュニケーションサイト以外にも転職情報も含めた運営をしてます。 国内最大級の求人情報数を ...

転職するには在籍期間5年以上が有利な理由

再就職の時に悪い印象を残さないためにも、前職での在籍期間は最低でも5年は作っておく必要があります。いくら看護師の求人が余るほどあっても即戦力にならなければ意味がありません。看護師が1人前の仕事ができるようになるのに5年はかかるとされます。中途採用であっても5年経験があれば、基本的なことから応用まで対応可能になるからなんです。印象もちょこちょこ転職するよりは信用性も上がってきます。

他の職業と比べても、看護師の転職回数の方が、断然多いですし、転職もしやすい理由はありますが、ライフスタイルの変化に伴って転職や退職をされる人はすごく多いです。5年以上の連続勤務があれば、面接時などの採用担当者からは「すぐに退職はしない」と信頼をしてもらうことができます。

これらのことを総合的に考えても、相手に転職回数が多いと悪い印象を与えないためには、ご自身の年代から1を差し引いた回数が最もいいとされています。

例えば、20代では2ー1、30代では3ー1、40代では4ー1、50代では5ー1がベストとされています。

しかし、転職理由も様々ですし、採用者側の物差しで図れるものではありません。転職回数が多いと思われても再就職に不利になることは少ないですし、採用する側もできるだけ長く勤めてもらえたらと考えては居ますので転職回数だけで判断はされません。

私は、転職回数が6回と多かったですが、留学や結婚、出産など子供の成長に合わせての転職や職場の人間関係など理由は色々でしたが、どの面接でも長く勤めてもらいたいので、何か希望とかありますか?と良く聞かれていました。

しかし、転職をする度に思うのは、人間関係はどの職場でもありますが、面接の時と話が違う場合もありました。そういうときは、ちゃんと話をすることは大切です。

仕事は、生活をするために働くのでストレスが溜まりやすい仕事では家に帰ってからも笑顔にはなりません。何でもかんでも文句を言うのは違いますが、自分が勤める上で支障になるようなことがあれば遠慮することなく相談から話しを持ちかけることも大切です。

転職回数が多いと希望の就職先で働くことができないわけでもないので、安心しておきましょう。

面接時の転職理由はしっかりと答える

転職が多い人でも、ちゃんと採用をしてくれることがたくさんあります。そこで、転職が多くても採用をしてもらえる人とそうでない人の違いは、面接時にアピールに差があります。確かに、面接時に転職理由は必ず聞かれますので、話はします。

面接時に「どうしてここで働きたいのか」という志望動機を明確にして長く勤務できることを面接でアピールすることが大切です。履歴書にもしっかりと志望動機を記載しておく事が大切です。

  • どのようなキャリアアップをしたいのか
  • どうしてここで働きたいと考えているのか
  • ここでどのような看護をしていきたいのか

などを明確に具体的にしておくと、面接時にも相手に気持ちが伝わりやすくなります。希望動機がしっかりと伝わると相手にも熱意が伝わりますので採用されやすくなるのです。

これまで、転職の理由などを記載してきたように、自分は長く勤めたいと思っていても色々と悩むこともあると思います。女性が多い職場なので人間関係で悩んだりすることもあります。

しかし、一番大切なのは「長く勤めたい」というアピールです。これは本当に大切なことです。相手に「長く勤めて貰える」という印象を残すことが大切です。

まとめ

看護師の転職回数は、平均で2回程度ではありますが、年代によって異なることが理解できたと思います。転職回数が多くても自己アピールや志望動機をしっかりと明確化することによって採用されやすくなります。

転職サイトでは、面接時のアドバイスや履歴書のアピール方法などもアドバイスしてもらえます。再就職先を探す時には、「ここが最後」というぐらいの気持ちで望むことが大切です。

あまり、特段の理由なく転職を繰り返していると、就職をするのが本当に難しくなる場合もあります。理由は様々ですが明確な理由がなければ採用担当者から「大丈夫かな」と思われてしまいます。

志望動機を明確にして、自己アピールを最大限にできれば必ず相手にも気持ちは伝わると思います。

-失敗しない看護師転職のコツ

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2019 All Rights Reserved.