失敗しない看護師転職のコツ

看護師転職の履歴書の書き方とアピールポイント

更新日:

看護師転職の履歴書の書き方とアピールポイント

看護師が転職を考える理由は、本当に様々です。しかし、転職も簡単には考えてはいないと思います。転職することによって、逆に不利になることもあるかも知れません。転職を考えるときには、まず家族などに相談もされると思います。

  • 仕事内容や給与に不満があるとき
  • 結婚や出産で環境が大きく変わったとき
  • 人間関係で悩んだとき
  • 家族の転勤などの諸事情が生じたとき
  • 家族の介護が始まったとき

など、理由は色々あると思います。また、自分が病気になって長期入院が必要に迫ったときなども考えますよね。

このように転職を考えるとき、次の勤務先を探すときになどに書くものとしては「履歴書」があると思います。どんな仕事でも応募をするときには必ず必要になります。

履歴書なしでの面接を採用をしてくれるところはないと思ってもいいでしょう。履歴書は自分の顔です!最大限のアピールをすることで自分という人物の判断材料になります。

転職が多いからといって、採用されにくいことはありませんが、特に理由なく転職を繰り返していると採用されない場合があります。

そこで、まず採用の1つの判断材料となるのが履歴書なんです。

履歴書の意味と書式

履歴書と言うのは、学業や職業などの経歴や応募者の人柄などの現在の状況を記入した書類である。アルバイトも含めて就職や転職時などの採用参考資料として判断材料に含まれることがあります。

履歴書を基に給与判断などに用いられることがあるので、取得資格などの証明書を添えて提出する書類です。

書式については、書式を全て決められているわけではないので基本的には自由形式ではありますが、コンビニなどで売られているような履歴書が一般的に使用されることが多いですが、応募先によってはあらかじめ書式が決まっている場合もありますので、その場合は郵送をしてもらうように手続きをします。

履歴書を細かく種類を書くと、「一般用」「転職用」「パート・アルバイト用」などがあります。近年では、ファイルフォーマットを指定されるところも少しずつではありますが増えてきています。

履歴書には次の事柄を記載するようになっています。

  • 氏名、ふりがな
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号、現住所
  • 連絡先電話番号(携帯電話番号含む)
  • 学歴、職歴(アルバイトも含む)
  • 資格、免許
  • 志望動機
  • 希望(給料・職種・勤務時間・勤務地)
  • 自己PR
  • 通勤時間
  • 扶養家族
  • 趣味、特技

などを記入するようになります。未成年であれば、親権者の同意が必要となるので該当欄に記入するようになります。

過去には、宗教などについても記入欄がありましたが、差別問題や信条の詮索などの観点から記入しないようになっています。

履歴書には、さまざまな情報を記入するようになります。この履歴書記入を適当にしてしまうと面接でも採用されにくくなります。履歴書は今までの職歴などもそうですが、自分を最大限に自己アピールするところです。

志望動機なども含めて、入社してからどのような事を学びたいとかどのようなことをしていきたいのかを記入します。履歴書は自分の顔になります。志望動機を明確化して、しっかりとアピールすることが大切です。

履歴書を記入してから、再度確認をしておきましょう。

  • 誤字脱字がないかどうか
  • しっかりと自己アピールができているか
  • 志望動機が明確化されているかどうか
  • 記載内容に間違いがないかどうか

など確認するところはたくさんあります。転職を考えたときに、履歴書を見直すというのはこういう意味があるからです。

ただ単に履歴書を提出するために書くのではなく、採用をしてもらうために、しっかりと自己アピールをする目的があります。

履歴書のアピールポイント

このように、個人情報が多く書かれている履歴書です。何か1つするにしても意味があるということが理解いただけたと思います。

履歴書は自分の顔になる大切な部分なので、しっかりと記入することが大切です。自分を売り込むための最大限のアピールをする書類になりますので、自分という人をわかってもらえるような書き方をしましょう。長所も短所も含めて、自分のチャームポイントにすれば相手の印象も変わってきます。

人は、見た目では判断されません。中には見た目で判断する人もいるかもしれませんが、採用する方は面接での感じや総合的に判断をして採用するかどうかを決めます。

人には、隠れた才能がある場合もあります。それが、自分の病院などで働いてもらう上でプラスに働く場合があります。しっかりと志望動機の他に自己アピールが出来ていれば、多少のこともカバーすることができます。

履歴書は、色々と意味を持ち自分という売り込みの1つになります。履歴書を書くときは、誤字脱字には気を付けて何度も見直しておくことが大切です。

履歴書を何度も見直して誤字脱字を防ぐ

転職を考えたときに、まず履歴書を書いてみましょう。過去に書いている履歴書が手元にあるようであれば、見直してみて今と異なる点を見つけるのも1つです。

そうすれば、初心に気持ちが戻ったりもしますので、冷静に判断することができる場合もあります。前回はどのような気持ちで応募したのか?何を学びたかったかなど色々と思い出すこともあると思います。

再就職を探すときに、履歴書の見直しから分かってくることもたくさんあると思います。前回と比べることができるので、そのときの最大限のアピールに繋がる場合があります。

できるだけ丁寧な字で書くようにすると気持ちも相手に伝わりやすいです。相手に履歴書からだけでなく、自分という人物を理解してもらうための武器になりますので、まずは履歴書から見直す必要があります。

一見、ただの書類にしか感じないかもしれませんが、そこから読み取れることはたくさんあります。また、採用が我が欲しい情報も記載されている場合がありますので、面接時も受け答えがしやすくなります。

まとめ

しっかりとアピールできることで最大限のチャンスを自分のものにすることができます。面接をクリアするためにも履歴書から見直してみましょう。

書き方など悩んだりした時にはコンサルタントのアドバイスを聞いてみるのも1つだと思います。経験と知識から改善点などをアドバイスもらうことができます。

-失敗しない看護師転職のコツ

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2019 All Rights Reserved.