失敗しない看護師転職のコツ

看護師の退職届の書き方と必要書類

投稿日:

看護師の退職届の書き方と必要書類

転職を考えたときに、職場へ退職の意思を伝えなければ行けません。

転職が決まった時にはその旨を伝える必要があります。転職先が内定していないときには退職したい月から逆算する必要がありますので、内定をすでに貰っている人は前もって会社に伝えましょう。

余裕を持って1ヵ月前までには退職届を提出

退職の旨を伝えるときに、職場にもよりますが就業規則にその旨の記載がある場合には、その通りに伝える必要がありますが、記載されていない場合でも1ヶ月前には退職の申請をしなければ行けません。

円満退職をするためにも最低限の期日は守る必要があります。1か月前というのは、代わりのスタッフを探さなければいけなく雇用する必要があるからです。

民法上は退職する14日前までに会社に申し出をする義務があると定められていますが、就業規則が存在する場合には、そちらを優先とする必要があります。

多くの病院では1ヶ月から2ヶ月以上前の申し出を義務付けているところが多いと思います。

退職の申し出があったあとにはスタッフの雇用探しなども病院側は必要となってきますので、なるべく早めに申し出をすることにより円満退職に繋がりやすくなります。病院側の調整が必要です。

退職を決めたら、まずは直接上司に報告をします。退職届をいきなり提出するのではなく、退職の相談から始めます。

いきなり退職届を出すと相手も良い印象を抱きませんし円満退職にも繋がりません。相手も困惑してしまいます。まずは看護師長に相談をします。

退職理由を聞かれるので、円満退職できるような答えをする必要があります。

何も言われず受諾されるのも少し拍子抜けをするかもしれませんが、意思が固いにもかかわらず引き留められるのも困ったりはします。

きちんと退職の意思とどれだけ自分のなかで固まっているのかをはっきりと相手に伝えることができるように事前に考えてイメージしておくとスムーズに伝えることができるかと思います。

自分の仕事の引き継ぎをしっかりする

仕事の内容によっては引き継ぎをする必要があります。

引き継ぎまでに用意しておくことや次の人がその業務を覚えるまでに最低でも1ヶ月は必要とされていますので、猶予期間も含めて1ヶ月は必要です。

引き継ぎの内容にもよりますが、2~3ヶ月ぐらいの猶予期間が必要な場合もあります。そういう時にはその時期を考えて退職の申し出をする必要があります。

転職をするに辺り、どんな時にも円満に仕事を変えたいと考え垂れている人は、上司や周囲の同僚や医師などと常日頃からコミュニケーションをしっかりと取り、よい環境作りに勤める必要があります。

転職先を探す前に退職してしまうと効率はあまりよくはありません。そこらへんのタイミングが難しかったりはします。

退職を考えたときに、まず転職先の情報を収集する必要があります。ハローワークや転職サイト、インターネットを駆使することで情報収集はすることができます。

病院見学などを実施されているところでは、実際の雰囲気や印象も変わってくるので、見学が可能なところは必ず参加しておきましょう。

会社退職時に必要な書類まとめ

退職時に必要な書類がいくつかあります。書類によっては、自動的に送られてくる書類があったり、こちらから発行の催促をしておく書類もあります。

会社へ提出・返却するもの
退職届 退職理由や退職時期を明記した書類を提出する必要があります。
健康保険証 退職当日に職場へ返却する必要があります。退職日には必ず返却を忘れないようにしておきましょう。
社員証 病院などにもよりますが、セキュリティーなど重要なものになりますので全て返却をする必要があります。
支給品 制服や院内での預り金や名刺、備品など。その他にも病院から支給されていたものは全て返却する必要があります。
定期券 通勤に公共機関を利用していた場合には、窓口で払い戻しを受けられる場合があります。場合によっては、払い戻される金額が支給される給与から天引きされる場合があります。
会社から受けとるもの
雇用保険被保険者証 退職時に職場で渡されるか、後日郵送されます。
離職票 退職後に自宅へ郵送されてくる書類です。
年金手帳 職場預かりをしている場合には、返却されます。多くの場合は、入職時に手続き完了後に返却されることが多いです。
健康保険資格喪失証明書 通常は、会社に申請をしてから発行されるのが一般的です。社会保険から健康保険に切り替えをされるときに必要になるので忘れずに受け取りましょう。
源泉徴収票 年末調整や確定申告の時に必要となります。退職後に会社から郵送されてきます。
厚生年金基金加入員証 厚生年金に加入していた場合に、退職後に返却されてきます。

 

これらの書類も退職までに返却するものについては準備をしておく必要があります。また、受けとる書類も退職時に直接受けとるのか後日郵送になるかは職場により異なります。

これらの処理をいつもされている職場はきちんとされてはいますが、あたらいく開設された病院や処理に慣れていない病院の場合は催促をしなければ郵送してもらえない場合もありますので注意が必要です。

-失敗しない看護師転職のコツ

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2019 All Rights Reserved.