失敗しない看護師転職のコツ

看護師の給料を上がらない!転職で給料アップのポイント

投稿日:

看護師の給料を上がらない!転職で給料アップのポイント

昨今、不況の煽りを受けている病院もすごく増えてきています。昔のように、入院病棟を持たずに経営をしていくのは非常に難しくなってきた時代となりました。

今では、多くの病院が介護施設を併設として経営をする時代へと移行しつつあります。

現代は、子供が少なく高齢者が増えているのが背景にあります。今までのような経営スタンスであると病院側もかなり厳しい状況となっているのも事実なのです。

看護師の給与も昇給の幅が年々減少

昔のように給与も昇給の幅が年々減少しつつありますよね。ボーナスも昔のように基本給の3倍や5倍などなかなか今では考えられないようになってきました。

給与額というのは、病院によっても変わりますし勤務体型によっても異なります。また、役職に就くか就かないかでも変動はしてきます。

看護師も初任給が20万円ぐらいが普通でしたが、今は20万円を切っているところもたくさんあります。

今の給与に不満と当然あったりもします。残業など日々の業務に関しても残業代がでなかったりしているところは多いと思います。それだけ経費も厳しいというのが理由です。

どの病院も看護師不足は承知の通りです。どこにいっても「看護師」という仕事は募集も多いですし、どこも欲しい人材ではあります。

年齢・病院・都道府県別の平均給与額

給与も大きな総合病院やクリニック、子供病院では大きな差があります。大きな病院にいくほど給与も高かったりしますが、逆に国の平均的な所得で左右される場合があります。

県立病院や国立病院は、地方公務員扱いとなることがありますので給与もその時によって左右されています。

また、個人病院であれば院長などの独断で給与を決めることができるので場合よっては、個人的感情に左右されてしまうことがあります。

今の給与に不満があり、転職を考えるときには、まず色々と調べる必要はあると思います。単に、給与が不満だから「辞めます」という理由だけでやめてしまうと退職金など支給されない事も考えられます。

平均的な看護師の給与額はどのようになっているのでしょうか?

看護師の平均給与額
正看護師 平均561万円
准看護師 平均478万円

これらを月額で計算すると、正看護師が35万円、准看護師で29.8万円という推移となっています。年代別で見ていくと・・・

  • 20代で28万円
  • 30代で33万円
  • 40で35万円

という推移になります。細かく年齢別で見ていくと次のようになります。

年齢別 月額(年収)
20~24歳 22万円(年間272万円)
25~29歳 28万円(年間339万円)
30~34歳 31万円(年間372万円)
35~39歳 35万円(年間420万円)
40~44歳 40万円(年間480万円)
45~49歳 45万円(年間540万円)
50~54歳 48万円(年間576万円)
55~59歳 47万円(年間564万円)
60~65歳 32万円(年間384万円)

ボーナスも平均年間128万円前後と平均的な推移となっています。

病院別で見ていくと次のようになります。

病院別 平均年収額
ER看護師 平均543万円
大学病院 平均490万円
総合病院 平均465万円
個人病院・クリニック 平均390万円

都道府県別で見ていくと次のようになります。

都道府県別 年収額
北海道 年間430万円
青森県 年間382万円
岩手県 年間430万円
宮城県 年間478万円
秋田県 年間382万円
山形県 年間430万円
福島県 年間430万円
茨城県 年間478万円
栃木県 年間478万円
群馬県 年間478万円
埼玉県 年間430万円
千葉県 年間430万円
東京都 年間669万円
神奈川県 年間525万円
新潟県 年間430万円
富山県 年間430万円
石川県 年間478万円
福井県 年間478万円
山梨県 年間430万円
長野県 年間478万円
岐阜県 年間430万円
静岡県 年間478万円
愛知県 年間525万円
三重県 年間478万円
滋賀県 年間478万円
京都府 年間478万円
大阪府 年間573万円
兵庫県 年間478万円
奈良県 年間478万円
和歌山県 年間430万円
鳥取県 年間430万円
島根県 年間430万円
岡山県 年間478万円
広島県 年間478万円
山口県 年間478万円
徳島県 年間478万円
香川県 年間430万円
愛媛県 年間430万円
高知県 年間430万円
福岡県 年間478万円
佐賀県 年間382万円
長崎県 年間430万円
熊本県 年間430万円
大分県 年間430万円
宮崎県 年間382万円
鹿児島県 年間430万円
沖縄県 年間382万円

これらをすべてが比較水準となるわけではありませんが、目安にはなると思います。但し、都道府県や市町村、病院の種類や場所によっては少なかったりする場合もあります。

今の給与に不満があり転職を考えられている人は、転職すると今の給与よりも下がることもあるということを理解されているといいと思います。全てがそうというわけではありませんが、前職の経験を反映させてもらえる病院もあります。

しばらく様子を見ても給与アップが見込めない場合には転職も1つの方法です。

スキルアップすれば、給与に反映されてきます。病院や勤務先によっては異なりますが、専門看護師の認定資格の取得をされると資格手当てが付きますので、給与アップに繋がります。

これらの推移を是非、参考にしてもらえたらと思います。

-失敗しない看護師転職のコツ

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2019 All Rights Reserved.