看護師転職サイト

ナースパワーの評判や口コミ!特徴やおすすめポイントを紹介

投稿日:

ナースパワーの評判や口コミ!特徴やおすすめポイントを紹介ナースパワーは看護師紹介30年の実績と信頼の転職サイトです。こちらも老舗の人材紹介会社となります。全国で10万名以上の看護師が利用登録されており、採用率も非常に高い転職サイトなんです。

求人数も4万件近い求人数を扱っており、全国に13拠点という展開をしています。転職希望者のほとんどが就職することができるという非常に採用率が抜群なんです!

希望転職先にこれだけの確率で採用されるなんて凄くないですか?では、その魅力に迫ってみましょう!

ナースパワー3つの特徴

90%以上の採用率

求人採用手数料が他社と比べて低料金のために病院側の負担も少ないために採用幅が増大しているのが理由なんです。雇用形態に関係なくほとんどの人が採用されているんです。

これは驚きですね。採用する側も採用される側も好条件だと思いませんか?そこに秘密があったんですね。

業界最多の求人案件数

求人案件も4万件ぐらいあり、豊富に取り揃えています。募集先との人間関係や信頼関係がしっかりと構築されているために業界最多となる豊富な求人案件を取り揃えることができるんです。

この求人案件数も凄いと思います。これだけの求人数を誇るということは非公開求人案件が非常に多いという事が分かります。

独自の就業形態業界唯一

独自の就業形態を採用しているため、平均月収が45万円以上と高級となっています。

例えば、「都市圏応援ナース」や南国リゾートなど夢の場所で「応援ナース」として仕事ができる求人など他の転職サイトにはない魅力があります。

他では夢のような場所での求人情報って公開されていなかったと思います。珍しい求人があると夢もいつも以上に膨らんで探すのも楽しくなりますね。今、このような特別な求人が注目を浴びているんです!

沖縄応援ナース

離島応援ナース

など他とは違う求人情報を見ることができます。

応援ナースでの求人になると、引っ越し代金の支給や家電つきアパートを完備してくれたりしっかりとサポート体制も整っているので心配することなく応募することができるんです。

主な13拠点とは何処になるの?

主に13拠点での展開をしていますが、どの場所に拠点があるのか気になりますよね。特に地方在住の人は気になると思います。

地方在住になると首都圏と違い求人に偏りがあったり求人数が少なかったりとするかもしれませんが、地方在住でも豊富な求人案件を取り扱っているので安心してください。

では、主な拠点は次の通りですね。

  • 札幌
  • 東京
  • 横浜
  • 埼玉
  • 千葉
  • 名古屋
  • 大阪
  • 岡山
  • 広島
  • 北九州
  • 福岡
  • 熊本
  • 沖縄

となっています。隣接している県にも求人はたくさんありますので、問い合わせをしてみましょう。

応援ナースを利用した人の感想

応援ナースとして仕事をはじめて、最初の頃は覚えることもたくさんあり日々が目まぐるしく過ぎました。変則勤務があったりすることもありますが、人間関係に非常に恵まれてのびのびと仕事をしています。病院主催の夏祭りやBBQなどの行事後とにも参加する事ができたりと、都心での病院とはひと味違った体験をすることができた。 こういう体験って凄く新鮮ですよね。夏祭りやBBQなど病院主催での行事などではスタッフ同士の親睦も図ることができますし、夏祭りとなると近所の住民の方などとの交流も盛んとなります。地域密着の病院でないかと想像してしまいました。
前職がとても忙しくて、自分のやりたいことを見失いかけていました。インターネットで期限つきの応援ナースという形態を見つけて登録をしたのがきっかけです。応援ナース説明会などに参加することで実際のリアルな話を聞くことができて一度行ってみようと決意しました。東京の病院ではプライベートな時間を確保するのが難しかったりしてたけd、応援ナースに応募したことでプライベートも充実した日々を送る事ができたり休暇などのリフレッシュ時間も確保することができたのが良かったです。
期間限定の応援ナースとして仕事をして半年がkか。今までは2交代制の勤務しかしたなく、はじめて3交代制での仕事をしました。休みは少なく感じるかもしれないと予め言われていましたが、その通りではありました。ただ、過酷シフトはなかったけれど覚えることはたくさんあるので最初は大変でした。急性期病棟なので忙しいことはありますが、同じ職場で知り合った方も延長をされるということで自分も延長する決意をしました。人間関係も非常に良くて、周囲と支え合いながら仕事をしています。次の延長もしようかどうかを考え中です。

というように、新しい働き方をすることによって自分にも夢や希望に活路を見いだしたように仕事も充実した日々を送れているのが分かると思います。

せっかくの転職を少しでも楽しくライフスタイルを過ごすことができたら嬉しいですよね。

今までの看護ということを考えたときに、自分が何を目指そうとしているのかということが更にはっきりとするのではないでしょうか?もう一度見つめ直すチャンスかも知れませんね。

面接の心得

看護師は売り手市場のために、面接をすれば通常の職種と比べると採用率も非常に高いのが現状です。

全校的には全国的に採用枠も大幅に増大しているので再就職先を見つけるのは難しくはありません。

ただ、そうはいっても競争率が高い非公開の優良案件となると面接内容も重要項目となります。

では、実際に面接を受ける際の重要ポイントを見ていきましょう。

身だしなみ

女性は特に化粧をすると思います。厚化粧であったりのメイクでの面接はNGです。ナチュラルメイクを意識して身だしなみを整えましょう。ラメなどの入っている化粧もNGです。

当たり前かもしれませんが、ノーメイクで仕事に行く人はいないと思います。仕事にしても誰かに会うにしても必ずメイクはすると思います。常識の範囲内でやりましょう。

服装

基本的にはリクルートスーツのような服装がベストです。誰が見ても清潔で自然な感じが大事です。

私服は論外です。自分という人を相手にしっかりとアピールすることが面接の目的でもありますので、相手に不快な思いをさせない服装を考えましょう。

足元は、意外とちゃんと見られています。サンダルや派手な靴、ミュールなどもNGです。

足元って自分では気がつかなくても、視線が集まりやすいところなんです。スーツに合うパンプスを履くようにしましょう。

髪型

目元にかからず邪魔にならない髪型が理想です。誰が見ても清潔に見えるように心がけましょう。髪の長い人は後ろで1つに束ねるなどしておきましょう。派手なカラーであったりパーマはNGです。

髪型も人の性格が現れたりします。ボサボサの髪であったり、寝起きのように寝癖が強かったりするといい印象は与えません。家を出る前にもう一度鏡の前でチェックするようにしましょう。

手元が一番目につきやすいところです。派手なネイルであったり、剥がれかけのネイルであると他が良くても印象を悪くしてしまいます。健康的な爪は印象も良く映ります。派手なネイルをする必要はありませんが、普段から手入れをしておくようにしましょう。

面接時の注意点

・自己都合での日時や時間の変更は避けましょう。貴方のために時間を割いてくれています。自分のために時間を取って下さっているということに感謝を忘れないようにしましょう。時間や日時の変更は印象も悪くします。どうしても体調が悪かったり、何らかのトラブルがあったときには、担当者にすぐに連絡をして指示を仰ぐことが大切です。

人間なので、事故があったり体調を崩すこともありますよね。しかし、その後の対応の仕方で相手の印象を変えてしまうということを念頭に置いておきましょう。

・転職の理由を聞かれたときには、前職のマイナスになるような点は話をしないように気をつけましょう。相手に良い印象を与えるような前向きな答えをするようにしましょう。

これって、以外に難しかったりします。私も転職を何度かしていますが、理由を話するときが迷ったりもしました。しかし、前職の病院の悪口は言わない方がいいと思います。もし、言ってしまうと「うちを辞めたときに悪く言われるのでは?」と印象を与えてしまう可能性があります。

・聞かれたことには、はっきりと返事をするようにしましょう。あまり話をしないような消極的なのも良くありませんし、逆に色々と関係の内容な話をしたりするのも良くありません。

自分の最大のアピールをするチャンスの場なのですが、どこまでアピールしたらいいのか迷うことがあると思います。私もそうでしたよ。アピール時間が長すぎても良くないので、私は1分30秒に纏められるようにタイムを図りながら練習をしていました。どのような事を学びたいのか?どんな看護を目指しているのかを病院の看護方針や看護理念に照らし合わしながら自己アピールをすると印象も違いますよ。

履歴書の写真や記入は性格に行いましょう

これって、以外に最重要なんです。履歴書は自分の顔の代わりにもなります。

写真もプリクラのようなものを貼り付けるのではなく、きちんとした服装で証明写真を撮影したものを貼るようにしましょう。

履歴書の記入も誤字脱字のないように、きちんとした字で書くようにしましょう。「字」というのは、人の性格やその時の感情が現れます。しっかりとした字を書くようにしましょう。

余談ですが、私は以前に面接時に履歴書を面接先の院長先生がご覧になった時に「綺麗な字」と誉められたことがあります。

また、作文を筆記試験として出されたのですが、「誤字脱字が1つもない」と言われたことを思い出しました。

当時、面接室には院長先生の他に看護師長、看護主任の3人が面接に当たって下さったのですが、院長先生が辞書を取り出したので「何か間違えたのかな?」と思っていたのですが、逆に「誤字脱字のない作文を見たのは初めて!」と即決の採用を頂いたことがあります。

「字」とたかが思うことも有るかもしれませんが、以外に相手を感動させることもあるんだと改めて思いました。「字」は不思議ですよね。

このように、面接時の注意点は何点かありますので参考にして頂ければと思います。

その他の注意点

訪問時

遅くても10分前には到着しておくようにしましょう。面接の時間を間違えたり遅れたりすると相手に失礼になります。前日に面接時間などを再度確認しておくことが重要です。

過去に面接時間を間違えそうになったことがありました。あの時は「冷や汗」が出る思いでしたが、10分前には到着できたので良かったです。原因は前日に確認をせずに思い込んでいたのが原因でした。こんなこともありますので気を付けましょう~

面接会場に到着したら、まずは受付で自分の名前、用件を名乗り明確に相手に伝えるようにしましょう。

例えば、私○○と申します。本日○○時に面接を受けさせて頂くお約束をさせて頂いておりました。担当者の○○様をお願い致します。

などと伝えるようにしましょう。最初の印象は非常に大切です。時間ギリギリで受け付けに申し出をするよりは、到着したらまずは受付で約束している旨を伝えるようにしましょう。

面接室や応接室に通されたら、「失礼致します」と言ってから中に入るようにしましょう。

また、案内をしてくれた人に「ありがとうございます」と一言声をかけるようにするといいと思います。

担当者が来られるまで待つようにします。担当者が来られたら、すぐに席を立ち「本日面接を受けさせていただく○○と申します。よろしくお願い致します」と相手に聞こえる声ではっきりと話をするようにしましょう。

自分の名前は必ずフルネームで名乗るようにしましょう。
第一印象は相手にも残りやすいので、きちんと挨拶をするように心掛けましょう!

初めて会う人の印象って、大体第一印象で決まりませんか?どこかのお店に行ってもそうですよね。

店員さん達の印象が良くなければ、「また行こうかな」なんてのは思わないですよね。それと同じ原理です。

人の印象って最初で決まることが多かったり、最初の印象をずっと引きずったりすることも覚えがあると思います。

私もそうですよ。最初の印象が良くなかったら、ずっとそんな目で相手を見てしまうことがあります。

席につくとき

「どうぞ」と言われてから座るようにしましょう。座るときの姿勢にも気を付けましょう。

座る姿勢が悪いと「真面目に面接受けてるのかな」と思われることもありますので、背筋をピーンと伸ばして両手は膝の上で重ねて座るようにしましょう。

最近、テレビや就職相談会に行くと色々な人を見かけることがあります。ダラダラ座る人もいれば、きちんと座る人も居ますよね。周りから自分がどのように見られているのかを意識すると自然と姿勢は伸びると思います。

面接

面接時には、必ず退職理由、入職後にどのような事をやっていきたいのか、どのようなことが自分にはできるのかということは必ず聞かれると思います。これらの点は自分の言葉で答えられるように予めメモなどに纏めておくと答えやすくなります。

担当コンサルタントと事前に打ち合わせをしておきましょう。自分では「このように伝えたい」と思っていても相手には伝わりにくかったりニュアンスの問題があったりとする場合がありますので、しっかりと打合せしておくのも1つです。

退職理由はマイナスイメージを与えないような前向きな答えができるようにしておきましょう。マイナス面ばかりを発言してしまうと印象を悪くします。

面接は自分を最大限にアピールするポイントとなります。自己アピールができる場所でもあります。例えば、前職で学んだことや経験したことなどをエピソードを交えて話をすると相手もイメージしやすいですし、どのような事を考えているのかを掴んで貰いやすくなります。

私は、実際には人間関係が理由ではありましたが、その話をするのは良くないと考えて子供がまだ小さいのでもう少し子供のリズムに合わせた生活を送れたらと思って転職をしました。と話をしました。

特に子供が小さいと中々スキンシップを取る時間が短くなってしまったりします。そこは日勤だけの職場だったので子供のお迎えや行事などにも参加しやすいということで話をさせて頂きました。

また、透析室という特別な経験ができるということもあり自分のこれからにプラスになるような仕事を学びたいという事を話したと思います。

志望動機など自分がこれから学んで見たいことや魅力に感じたことなど具体的に話をするといいと思います。

人のイメージって大切なんですよ。具体的に話をすることでどんな人物であるかを判断されます。自分の病院にこれから職員として馴染んでくれるのか?仕事を忠実にこなしてくれるのかどうかなど判断材料となります。

ただ、漠然的に話をするだけでは優等生の回答にしか聞こえなかったりします。それでは、せっかくのチャンスも逃す場合があります。

お互いに有意義な時間を共有できるような空間は大切です。話し方であったり、自己アピールであったりと判断されるところは数多くあります。

しっかりと自分という人を分かって貰えるようにアピールをしましょう!

質問事項

面接の最後には必ず「質問がありますか?」と聞かれることがあります。

せっかく質問を聞いていただける機械を与えていただいていますので、仕事に関係した質問をしてみましょう。

事前に、どんなことを聞いておきたいのかをメモに纏めておくと話しやすかったりします。また、熱意が伝わるような質問の仕方を心がけることが大切です。

もし、聞きにくいことがあるようであれば担当コンサルタントに予め伝えておくようにしましょう。

中には、どんなことを質問したらいいのかイメージが湧かない人もいると思います。例を参考にしてもらえればと思います。

  • どのようなキャリアアップを図ることができるのか?
  • 看護教育体制はどのようになっているのか?

など自分のキャリアアップに繋がる質問をすると熱意が伝わると思いませんか?転職先で取得できるような資格があれば、是非聞いてみましょう~

退室時

面接が終了したら、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
「本日はお忙しい中、お時間を割いていただいてありがとうございました」など伝えて、一礼してから「失礼致します」と退室しましょう。

昔から「礼に始まって礼に終わる」という言葉があるように礼儀は大切ですよ。

長くはなりましたが、参考になりましたでしょうか。自分では、普段できていると思ってることでも、実際には出来ていなかったこともあるかも知れませんね。

まとめ

ナースパワーでは色々なことも細かくアドバイスしてくれたり、特有の勤務体制があるということが理解頂けたと思います。

「こんな働き方があるんだ~」と思われたかもしれませんが、雇用形態は様々です。選択できることが多いと自分に合った働き方を見つけやすいと思います。

私も、こんな働き方があるというのを数年前に知りました。まだまだ、知らない人もたくさんいると思います。人は色々と事情を抱えて仕事をしています。いろんな働き方があってもいいと正直思います。

無理をして仕事をするよりも、仕事も自分の生活の一部になりますので充実した生活が送れるようにするのが一番だと思います。

-看護師転職サイト

Copyright© 看護師転職GO!絶対に失敗しない転職求人サイトはこう選べ! , 2019 All Rights Reserved.